RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
「くまさん旅行記」Green Horse
JUGEMテーマ:群馬 

Green Horse

これから話すのは森のくまさんがしてくれた物語◎ 


野原の学校に通うくまさんがいました◎ 

春になり、旅行が好きなくまさんが山に住むビーバーの大家族と出会いました◎ 

ビーバー『やぁくまさん。私たちのナワバリへようこそ。ぜひ自慢のダムを見ていってくださいな。』 

くま「やぁやぁ、立派なダムですなぁ◎」 

『まだまだこの山の川にはビーバーダムが沢山ありますよ!』と得意な顔をして言いました。 

「ビーバーさんたちは旅行はお好きですか?」 

『旅行なんてとんでもない!忙しくって忙しくって一度も行ったことがありません…でも川をくだって海に行ってきれいな砂浜で日がしずむのをみたいものですね。』 

「旅行もたまにはいいものですよ◎ビーバーさんとても沢山の大きなダムを見せてくれてありがとう◎」 

『どういたしまして。いつかくまさんが行く遠い場所の話を聞かせに来てくださいな。』 


くまさんは鳥たちのうたに耳をすませながら、 
その川をくだっていくと、 
次はおさるさんたちの大家族に出会いました◎ 

おさるさんたちは毎日川原でのめや、うたえやのおおさわぎ◎ 

さる『やぁくまさん。いらっしゃい。ここには楽しいものはなんでもあるよ。川から流れてくるんだよ。』 

くま「ありがとう◎なんだか楽しそうだね◎」 

『そりゃ楽しいさ。食べ物も食べきれないくらいあるし。』 

「食べきれなかったらどうするの?お弁当にするの?オヤツにするの?」 

『ワハハ。それもいいけど、全部お魚さんたちにおすそわけさ。』 

「じゃあ、きっとお魚さんたちも喜んでるね◎」 

「おさるさんたちは旅行は好きですか?」 

『ん〜。遠くへは行かないね。ここにいれば満足だよ。食べ物もたくさんあるしね。幸せだよ。』 

「おさるさん、楽しい時間をありがとう◎」 

『また来て、ぼくらの知らない世界の話を聞かせておくれよ。』 


くまさんはおさるさんにお弁当をもらい、 
また川をくだりはじめました◎ 

なんだか川の幅も広く感じるようになって、 
だんだん海のかおりがしてきて、 
くまさんもウキウキです◎ 

ようやく海が見えてきたところで、 
どこからか泣いているような声が聴こえてきたので行ってみると、 
海がめのおじいちゃんとおばあちゃんがいました◎ 

やさしいくまさんは聞きました◎ 

くま「おじいちゃんおばあちゃんどうしたの?」 

かめ『くまさん、わしらの砂浜がなくなってしまったんじゃ…困った困った』 

『気づいたのが遅かったんじゃ…いつの間にか美しい砂浜はなくなってしまった、子供たちはきれいな海を探しにでたまま戻ってこないんじゃ…』 

岩ばかりになった海岸を見つめながら言いました◎ 

くまさんはかなしくて、くるしくて泣いてしまいました◎ 

なぜなら、 
くまさんは海がめのおじいちゃんおばあちゃんが大切にしていた砂浜が消えてしまった理由に気づいてしまったからです◎ 

その海岸でなんにちも何日も考えた後、 
くまさんはムクリと立ち上がって、 
野原で学校の先生をやっているおうまさんに長い長い手紙を書きました◎ 

「おうまの先生へ ぼくは旅行の途中です◎次の緑の季節になったら帰ります◎ビーバーさんやおさるさん、海がめさんや友達みんなを集めておいてください◎よろしくお願いします◎くまより」 

くまさんは鶴の郵便屋さんに手紙を渡すと 
自分の影を追うように歩き始めました◎ 

*************************** 

急ですがここでくまさんたちの物語は一旦幕をおろします◎ 
お気付きの方々も多いと思いますが、 
この内容は様々な分野で、 
日本中、世界中でおこっています◎ 

続きをどう描くのかは自分や自分達しだいです◎ 
自由に想像して続きを描き足していってください◎ 
どうかその先が未来にとって素晴らしいものであることを祈っています◎ 

Green Horse 


【Grenn Horse:グリーンホース】 
由来:子ども達が緑の野山駈ける馬のように群馬で元気に過ごせるように願いを込めました。 

グリーンホースのツイッターアカウントを設置しました◎ 
http://twitter.com/#!/GreenHorse_JP
author:AMANDOO, category:Green Horse Program, 00:27
comments(0), trackbacks(0), - -